So-net無料ブログ作成
検索選択

猿も木から落ちるかも [総帥閣下のおはなし]

土曜日に負傷して帰ってきた総帥閣下。
形成外科を受診した結果、打撲であることが判明いたしました。
まあ、骨折とかするわけないとは思っていましたが、打撲ですか。

で、病院の先生いわく、
「この状況で打撲で済むなんて、奇蹟ですよ、奇蹟。
複雑骨折ぐらいしていてもおかしくないんですよ。
これだけですんで、本当によかったですね、ラッキーですよ」
でもねえ。
以前軽トラとぶつかったときは、かすり傷ひとつなかったんですよ。
グシャングシャンになった自転車担いで、右手でトラックの運ちゃんひきずって警察まで歩いていったし。
だから、この程度で打撲ってどうなんたろうって、本人言ってます。
「年寄りの冷や水」
「寄る年波」
子供達はここぞとばかりにはやし立ててます。
しばらくおとなしくしてもらいましょう。
来月は柔道の試合もあるし。
心を込めて湿布をはってあげることにします。

あ、怪我の原因は・・・内緒です。
恥ずかしいので黙っててって言われました。
でも交通事故とかそういう警察にお世話になるようなことじゃありません。
お騒がせいたしました~。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました